イタリア生活・イタリア留学ガイド.jpHOMEへ

イタリア料理コラムHOMEへ

イタリア生活・イタリア留学ガイド.jpイタリア料理コラム第10回:オリーブオイル

イタリア料理のプロ!シニョーラKAYOのイタリアンレシピ(オリーブオイル)

11月はオリーブの収穫の季節です。近年は日本でも美味しいオリーブオイルが売られるようになってきました。

美味しいオリーブオイルの条件は、手摘みで丁寧に収穫する事、オリーブは収穫後できるだけ早く絞ってオイルにする事、が望ましいと言われています。

私は毎年フィレンツェ郊外のオリーブ農園から美味しいオイルを購入しております。農園で収穫されたオリーブは、隣接された工場で直ちに新鮮なオイルになります。このように製造されたオリーブオイルのお味は、とてもフレッシュでオイルの重たさは感じません。そのままパンにつけて食べても良し、お料理も引き立ててくれます。

「安いオイルと高いオイルの違いは何ですか?」という質問を良く受けます。これはオリーブの摘み方の違い、製造方法の違いだと思います。これがフレッシュなオリーブオイルの出来具合に多大な影響を与えます。手をかけて丁寧に作られた物と大量生産品の味が違うことは、日本の調味料も同じですよね。

私の場合、炒め物や煮込みにはスーパーで売っている格安なオリーブオイルを、サラダやオイルベースのお料理には拘りのオリーブオイルを使用します。ご自宅で2〜3種類のオリーブオイルを使い分けることをお勧めします。

イタリア料理には絶対に欠かせないオリーブオイルですから、拘ったものを使用したいですね。

Copy Right it-schoolguide.jp Co.,Ltd. Since 2006