イタリア生活・イタリア留学ガイド.jpHOMEへ

イタリア生活・イタリア留学ガイド.jpイタリア生活・イタリア留学ガイド.jpスタッフ日記

イタリア生活情報「白パスタ(パスタ・ビアンカ)」

Ciao! SOFIAです。
さてさて、今回はイタリア生活・イタリア留学には不可欠な
イタリア人の食にまつわるお話。

皆様は、白パスタなるものをご存知だろうか?
「えっ、なにそれ?それは新しいパスタの種類?」なんて思わないでくださいね〜。
パスタは、イタリア人にとって、日本人の「ごはん」のようなもの。
日本人も言いますよね、「白ご飯」って。混ぜご飯とかと
区別する場合などに、特に「白ご飯」って言うような気がする。
あれと同じなのです、な〜んにもソースをかけない、
ただの茹で上げパスタ、あれを「白パスタ(パスタ・ビアンカ)」と言うのです。
そして、これがこちらで結構食べられていることに、SOFIAはびっくりした。

日本では、白ご飯って言っても、実際には、他にちゃんとおかずがあり、
それとご飯で美味しく食べる。
でもイタリアでは、おかずなしで白パスタを食べたりする
特に子供たちは、パスタ・ビアンカが好きなようだ。
先日、機会があって、子供たちが集まるあるご家庭に滞在したときのこと、
マンマが、「子供たち、パスタはなにがいい?トマトソース、それともパスタビアンカ?」
と聞いていた。選択肢の一つに入っているのもすごいと思った。

子供たちは、「パスタ・ビアンカ!!」「私も!」「僕も!」って感じで
みんなパスタ・ビアンカが大人気であった。ちなみに、「SOFIAは何にする?」と聞かれたが
「私は、トマトソース」と遠慮もなく言ってしまった。やっぱり私は、ソース付きの方がいい!

もうひとつびっくりしたこと。子供たちはおやつの感覚で、あの乾燥した状態のパスタを
ポリポリ食べたりもするのだ
。スパゲティーなど、ポッキーみたいな感覚でポリポリと食べ、
「美味しいね〜」なんていっている。「えっ?」
さすがに、日本では生米をぼりぼり食べたりはしないだろう。
ポンポン菓子って言ったけ?あのお米をポップコーンのようにはじかせて、
甘くしたもの。あれは子供のころ大好きだったけど・・今でも健在なのだろうか?

そして、そのパスタ・ビアンカ、もちろん大人も食べる。
パスタ・ビアンカといっても、茹で上げそのままではなくて、
塩・胡椒して、オリーブオイルをかけてとか、ちょっとバターをからめたり、
ルメザンチーズを振りかけてなんていうバリエーションがある。
これは、白ご飯にお漬物だけで済ますような感覚なのだろうか。
やはり、イタリアも飽食の国。イタリア生活は美味しいものがあふれている
たまには、さっぱりとお茶漬け感覚で、白パスタなんかが食べたくなるんだろうな。

例の子供たちがあまりにおいしそうにパスタ・ビアンカを食べていたので気になって、
SOFIAもパスタ・ビアンカに挑戦してみた。(ってなにも、挑戦するほどのものでもないが)
アルデンテに茹であがったパスタに、塩・胡椒とオリーブオイルだけで味付けをしてみた。
もちろん、美味しいエクストラバージンオイルを使った。
うーん、オリーブオイルの香りがより味わえて、なかなかではないか!
それから、パスタの甘みも伝わってくる。お、美味しい!
そして、パルミッジャーノ(パルメザンチーズ)を下ろしてかけてみた。
う、美味い!!なんか、むちゃくちゃ美味い!

恐るべし、パスタ・ビアンカ!
なんと無限の可能性があるパスタなんだ!
そういえば子供たちも、それぞれが、「私はバターをちょっと」とか
「塩はこれくらいで」なんていいながら、それぞれの味付けにして
パスタ・ビアンカを食べていた。
あんな子供のころから、自分の味覚を追及して好みの味で食べているのか!

さすがは美食の国である。
究極のパスタ・ビアンカを求めるイタリア生活SOFIAの旅は、今始まったところである。
あー、こんなこと書いていたら、早速パスタ・ビアンカが食べたくなった。
今日のメニューは、パスタビアンカで決まり!

皆様もイタリア留学&イタリア生活中に、是非お試しあれ!

Copy Right it-schoolguide.jp Co.,Ltd. Since 2006